8月 ハロン湾は遠くありて

No Comments

「夏休みはどうするの?」と友人に聞かれて、

「行きたいところがある。」と答えていました。

その時、私の頭に浮かんだのは、無数の奇岩が海面に浮かぶ幻想的な景色。

ベトナムの世界遺産=ハロン湾・・・“龍の舞い降りる海”でした。

 

『その昔、隣の大国・中国からの度重なる侵略に悩まされていた時、

ホンガイの街にあるロンティテン寺に龍の親子が空から降り立ち、

尾で山を切り裂き口から宝玉を吐き出して敵を撃破。

やがて宝玉は岩山に姿を変え、海上の砦となって湾を取り囲み、

以来、沿岸の村々を守り続けているとまことしやかに伝えられ、

龍が置き土産にした宝玉は大小2,000もの奇岩となって

エメラルド色の静かな海にたたずんでいます。

—cocomachi magazin 吉川由美さん投稿記事より』

 

ちょうど別の友人が仕事でベトナムへ赴任したこともあって

夏やすみのベトナム行きが決まった瞬間でした。

 

ところが、ベトナムへ行くなら旧サイゴン=ホーチミンと思い込んでいたため、

ホーチミン往復のエアチケットを購入し安心してしまい、

観光ガイドを調べなかったので、直前になって大きな過ちに気付いたのです。

ハロン湾へ行くなら、ハノイへ飛ぶのだったと。

格安チケットなので、変更はきかないし、ホーチミン→ハノイは

何と1,618kmもあるという・・・。

やむなく、(次回ね!と)ハロン湾観光はあきらめ、

フランス統治下の名残りをとどめた旧サイゴン=ホーチミンの街を

楽しむことにしました。

 

マグリット・デュラスの自伝的小説が原作である

映画『ラマンL’Amant』の舞台にもなっている街は、

じんわりと湿度が高く暑いのですが、

旧フランス領であった時に建てられたレトロな白い建物が

洒落た雰囲気を醸し出していて、とってもいい感じ。

たくさんのバイクが走る通りや、小さなお店がひしめく市場などは

若いエネルギーに溢れていて活気がありました。

 

ゆったりと流れる泥色のメコン川をホテルの窓から眺め

涼しい部屋でくつろぐことができましたし、

街で食べる料理はどれも美味しくて、

ぶらぶら歩いて散策しながら、

安くて可愛い雑貨(籠やスカーフ)をちょこちょこ買ったりして

夏休みを満喫しました。

 

中でも水牛の角を加工したアクセサリーのモダンなデザインが素敵で

大いに刺激を受けました。

 

帰国してからも、麻のストンとしたワンピースに

大振りで華やかな色の水牛アクセサリーをつけると

あの暑くてエネルギッシュなホーチミンの街の記憶が蘇り、

(ああ、今度こそドラゴンに会いに、ハロン湾へ行かなくちゃ・・・)と

思えてくるのでした。

 

IMG_8368

 

IMG_1349

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

La-Bana-Ha