7月 海の聖マリアたちと赤珊瑚

たからもの, No Comments

2013年のクリスマス・ランチ会で知り合った彼女は

私と誕生日が同じで、若く美しい聡明な女性だった。

その前年の2012年12月冬至にエジプトへ行き

のちに国際結婚をすることになる、

46億年も前からの繋がりの深いツインソウルと出会い

彼女が魂の望む道へと歩み始めた頃

一緒にマレーシアのドラゴン島へ行く機会があった。

 

その旅は、2014年の初詣に江ノ島へお詣りした帰り、

海へ沈む太陽を眺めながらお茶をしている時に

ドラゴンつながりでその島のことが話題になり、

「ぜひ、行きたい。行きましょう!」という私の言葉から

計画されたものだった。

旅は、私の変容にとって重要なものになったのだが、

それ以来、彼女は私にとっての“人生の師のうちのひとり”になった。

 

彼女の言葉で、特に印象深いのは

「誕生日が同じなのは、何か意味があるのかも」と言った私に対して

「意味を見出すことよりも、一緒にどんな共同創造ができるのかを

考えてみましょう」と言ったことだった。

 

私は彼女の生き様とその変容を見て、また彼女が習得している

さまざまなスキルの一部を教えてもらいながら、多くを学んでいるのだが

6月から約1ヶ月に渡る聖マリアの道をたどったヨーロッパの巡礼より

彼女からもたらされたメーセージを反芻しながら、2017年の残り半年を過ごした。

 

✴︎セント・マリー・デ・ラ・メールにて✴︎

〜前略〜

“多くの人に会いなさい。

多くの場所に運ばれなさい。

多くのエッセンスを混ぜ合わせてできたものが

あなたそのものである。”

〜中略〜

“いつでも奇跡的な助け舟というものがある。

それを信じられるか?”

“大海へ漕ぎ出せ、冒険せよ、助けを得よ、そして見つけよ”

海の聖マリアたちが贈るのは『赤珊瑚の叡智』

 

私は今までに何度か「奇跡的な助け舟」に乗っている。

だから、それを信じられる。

自ら足を運び、その土地や人々を肌で感じることも大切だが

出かけていかなくとも

必要なものは、必要な時に届けられるという事も知っている。

 

地中海に面した南仏プロバンスの小さな村から

(海の向こうにはエジプトの地がある)

Silver925の「カマルグの十字架」と共に

もたらされたメーセージは

これからも私のたからものとして残っていくだろう。

 

500_22512899IMG_9007

このエントリーをはてなブックマークに追加

La-Bana-Ha