故郷の星

つれづれ No Comments

故郷とは、何処をさすのか?

友人と議論したことがある。

 

幼少期を過ごした場所?

人生で長く住んだ土地?

過ごした時間ではなく、鮮明な記憶のある処?

 

両親の仕事の都合で住む場所を転々としているひとは

一体どういう基準で、ここが故郷と定めるのかしら…。

 

 

その時の結論は、

“自分が愛する、大切な誰かが居る(或いは居た)ところ”

例えば、祖父、父母、兄弟姉妹、恋人、友人、のような。

または、その人との思い出がある場所

なのではないか、だったような気がする。

 

「たぶん故郷は、ひとつとは限らない。」

 

「実際に自分が住んだことのない処であっても

故郷になり得るってこと?」

 

確か、そう聞かれた。

 

「そうだね。そう思う…。」

 

答えながら、頭の中は別のことを考えていた。

 

 

私の遠い記憶にある故郷の星マルデクは、

いまでは失われてしまった。

 

それをとても哀しい…と感じていたはずなのに

現実には、碧く美しいこの星で長く暮らして

普段はすっかり忘れてしまっている。

 

故郷とは、何か悲しいことが起こった時に

思い出す場所なのかもしれないな…。

 

楽しい思い出があった処、として。

そこへ行けば

なぐさめてくれる誰かが居る場所、として。

 

または、悲しい思い出が

懐かしさと共に込み上げてきて

鼻がツンとして、思わず涙を流し

そして、その涙が、悲しみを浄化させてくれる処。

 

 

いずれにせよ

故郷は、いつも自分のハートの内にある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

La-Bana-Ha