“すべてのひとに石がひつよう”

たからもの No Comments

「すべてのひとに石がひつよう」

バード・ベイラー著 ピーター・パーナル画の

絵本のタイトルだが、名言だと思う。

 

「・・・何もかもがあっても

もし 友だちの石を持っていなければ

その子は かわいそう。」

 

だから、「いつまでも 永遠に

大切にできるような石をみつけられるように」

絵本には、10のルールが書かれている。

 

子供向けの絵本だけれど

大人にもぜひ読んでほしい一冊。

 

わたしは、子供の頃から石が好きだった。

ごく自然に自分の石を見つけられた。

 

石は、ひとと同じだ。

どこでどんな風に生まれたか

それによって姿かたちも違うし

性質も異なる。

だから、それを持つひととの相性もある。

 

自分の石を持つことは、

自分がどんな人間なのかを

思い出す助けになるような気がする。

 

大人になった今、石の声に耳をかたむけ

必要なひとへ必要な石が届くようにと

創作活動をして日々暮らしているが、

石から教えられることは多い。

 

旅先で出会って

連れてかえった石たちを眺めて

平和に暮らせることを

しみじみしあわせだと思うこの頃です。

 

everybody_rock

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

La-Bana-Ha